久しぶりにアーモンドチョコボールを購入しました。

本日は、hさしぶりにアーモンド入りのチョコボールを購入しました。アーモンド入りのチョコボールで自分が今今日、知るランキングのチョコボールは2種類だ。そのうちのひとつは、プレーンのチョコボールだ。あんまりの味覚は、抹茶チョコボールだ。抹茶チョコボールについては、今日、何とか、ゲットをしたのですが、抹茶の粉を粉末にして、チョコレートに混ぜたムードが凄い残っていたチョコレートでした。くちどけについては、相応しい感じではあったのですが、のど通り道が、大きく酷いムードでした。飲み込んですはずの抹茶チョコレートがのどにひっかかって要るようなムードさえ、していました。
 今日については、さすがに二度とはじめ器を開けようとは思いませんでしたが、プレーンタイプの顧客には、進呈の応募券が付いているので、多めに購入していました。その行動が適切でした。何より、日ごろから食べ慣れているプレーンチョコレートにコーティングされたアーモンドチョコレートが一番だと思います。安い オイルブロック

水素や二酸化炭素などについて育成しました

水素などについて演習しました。色つやは無色だ。においは無臭です。各ガスの水溶液にリトマスペーパーをひたしたときは変化しません。本性は爆発的に燃焼して水になります。何より軽々しいだ(密度がつまらない)。1立方センチメートルの水に融ける分量は、0.018(溶け辛い)だ。密度は、0.0899だ。捕集法は水上置換法・トップクラス置換法だ。偶発法は、亜鉛にうすい塩酸を注ぎます。水を電気分離する(−極)。それと、酸を電気分離する(−極)だ。次は、二酸化炭素についてだ。色つやは無色だ。においは無臭です。各ガスの水溶液にリトマスペーパーをひたしたときの変化は青色から赤色(酸性)になります。本性は、石灰水を白くにごらせます。水溶液は炭酸だ。1立方センチメートルの水に融ける分量は、0.88(少し蕩ける)だ。密度は1.977だ。捕集法は水上置換法・下方置換法だ。偶発法は石灰石に塩酸を注ぎます。炭酸水素ナトリウムを熱して分離する。有機物を燃焼させます。至極勉強になりました。ミュゼ 背中